CEF 6.60 TN (TN-V) リリース

ここでは、「CEF 6.60 TN (TN-V) リリース」 に関する記事を紹介しています。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
PSVita上でXMBを利用できるCEF(Custom Emulator Firmware)のCEF 6.60 TN、通称TN-Vがリリースされました。
TN-Vのサポート内容は


  • PSP全体の環境を再現

  • RecoverymenuとVSHmenuを搭載(RecoveryMenuはVSHmenuから発動可能)

  • プラグインをサポート

  • CPUクロックの変更が可能(大きく変化は無し)

  • アドオンのインストールに対応

  • ネットワークアップデートに対応

  • 1.50カーネル利用アプリの起動可能

  • VLFライブラリを使用したアプリの起動が可能

  • PS1の起動可能(ただし無音)

  • バックアップISO/CSO起動に対応

  • PrometheusパッチされたISO/CSOにも対応



となっています。必須機能は一通り搭載しており、ほぼPSPと違和感無く使うことができますね。
なおVitaには無いHOMEボタンですがゲーム中にSTART+SELECTで使用することができます。

ただし以下の機能は正常に動作しません。


  • Music Unlimited

  • Sens Me

  • ビデオ

  • カメラ


ビデオが動作しないのはちょっと不便かもしれませんね。
Vita公式機能で閲覧するかHomebrew経由で閲覧することになりそうです。
Readmeには記述はありませんでしたが、USB接続にも対応してません。


TN-Vの導入


まずは、TN-V本体をダウンロードします。

ダウンロードしたファイルを解凍しますが、今回発動に使うゲームによって使うファイルが違います。
"savedatas"フォルダの中から自分の持っているゲームを選びます。

    URBANIX→アーバニクス
    UNO→ウノ
    SC3→SUPERCOLLAPSE!3(海外のみ)
    MOTORSTORM→モーターストーム
    MBA→MadBlockerAlpha(海外のみ)
    GC→GravityCrash


今回はUNOを使って説明します。

クリップボード


"UNO"フォルダにある"JP"フォルダから"NPJH00016DATA00"を図の"XXXXXXXXXXXXXXXX"(環境によって名称が異なります)にコピーします。PSVitaフォルダはCMAデフォインストールの場合、マイドキュメント(ドキュメント)にあります。


次にPSP公式サイトから6.60のアップデートファイルをダウンロードします。
(PSP-1000/2000/3000シリーズ用を選んでください。)



クリップボード

"EBOOT.PBP"というファイルがダウンロードできたと思うので、そのファイルを"660.PBP"にリネームします。


クリップボード

そのファイルを、同じNPJH00016DATA00フォルダに転送します。


その後、PSVita本体側でコンテンツ管理を起動。
以下の手順で進めます

2013-03-15-100541.jpg

PC→PSVitaを選択


2013-03-15-100836.jpg

アプリケーションを選択


2013-03-15-101012.jpg

スクロールしてPSP/その他を選択


2013-03-15-101050_20130315101430.jpg

UNO(exploitによって違います)にチェックをを入れて"コピー"


2013-03-15-101337.jpg

"OK"を選択。これで転送が完了しました。


8tnu010000015w7o.jpg

次にUNOを起動します。ロードが始まったらRボタンを押し続けます。


クリップボード

すると、TN-Vのリカバリーメニューが起動します。
Advancedを選択します。(×で選択)


クリップボード

"Install 6.60 files"を選択。


クリップボード

Done.が表示されたら成功です。
Backで戻り、Exitを押すとXMBが起動され導入完了です。


Homebrewの導入


導入したいHomebrewをまとめたZIPファイルを作成します。

11_20130315093525.png

ファイル構成は上記のような構成でZIP化を行います。
この時、ファイル名は大文字(拡張子も含む)かつ8文字以内にする必要があります。
さらに圧縮の際は無圧縮で圧縮する必要があります。

クリップボード

つまりZIP化後はこのような構成になります。

クリップボード


このZIPファイルをPSVitaに転送します。
転送するにはCMA(OpenCMA)を経由して行います。OpenCMAに関しては省略。

CMAをデフォルトでインストールした場合、マイドキュメント(ドキュメント)にPS Vitaフォルダがあると思います。
以下の場所に作成したZIPファイルを入れます。(xxxxxxxxxxxxxxxxフォルダは環境によって名前が違います。)

クリップボード

その後、PSVita本体側でコンテンツ管理を起動。
以下の手順で進めます。

2013-03-15-100541.jpg

PC→PSVitaを選択


2013-03-15-100836.jpg

アプリケーションを選択


2013-03-15-101012.jpg

スクロールしてPSP/その他を選択


2013-03-15-101050_20130315101430.jpg

UNO(exploitによって違います)にチェックをを入れて"コピー"


2013-03-15-101337.jpg

"OK"を選択


写真 2013-03-15 10 32 57

完了したら以下の表示になります。解凍が終わった後のZIPファイルを削除するかどうかの選択肢です。
状況に応じて選んでください。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://electricvoice.blog40.fc2.com/tb.php/685-87193e2f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。